月別アーカイブ: 2017年 4月

* 実績については、ご了解頂いた一部案件のみを抜粋してお載せしています。

警察への出頭に弁護士が付き添い、その後のフォローにより職場復帰も許されたケース

Cさんは、元交際相手への嫌がらせ行為を繰り返したため、被害者が犯人不明の状況で警察に被害届を提出しました。警察はCさんが犯人であると考えCさんの職場を捜査しました。Cさんに対する警察からの呼び出しはありませんでしたが、Cさんは自分が疑われていることから、迅速な対処を求めて当事務所に刑事弁護を依頼しました。

当事務所の弁護士チームは、直ちにCさんにとって有利な事情をまとめた供述書を作成する一方で、すでに警察がCさんを犯人と内定しているため、反省の態度を示す方針を立て、弁護士が付き添って警察へ出頭させるという対応をとりました。すでに警察ではCさんが犯人であると内定していたため「自首」の成立が否定されうる事案でしたが、警察はCさんが自ら出頭したことを有利な情状ととらえ、これを自首として取り扱うというCさんに有利な判断をしました。
さらに、速やかな示談交渉への着手が功を奏して被害者との示談に至り、また、Cさんに有利な情状を揃えて、検察官へ軽い刑事処分を求める意見書を提出するなどの弁護活動を行った結果、Cさんへの処分を罰金処分にとどめました。

その後、刑事処分が罰金処分にとどまったこと、弁護士が同席して職場へ事情を説明し、職場復帰の上申書を提出するなど、Cさんの職場復帰に向けた活動を行ったことなどで、Cさんは無事に職場復帰を果たしました。

近時、交際相手への嫌がらせに対しては厳罰が科される傾向があり公判請求(正式裁判)の可能性が大きい事案でしたが、迅速な判断と行動が功を奏して罰金処分にとどまり、また、その後のフォローにより職場復帰も可能となった事案です。

刑事弁護では、できるだけ軽い刑事処分にとどめるという活動も重要ですが、日常生活への復帰という視点を持った活動もまた重要であることが再確認されたケースでした。

 

カテゴリー: 活動実績, 活動実績 - 刑事事件 |

住居侵入罪で逮捕された方が当職らの弁護活動で早期に釈放されました

住居侵入罪で逮捕された被疑者の弁護人に選任され弁護活動を行いました。
被疑者は同種の前歴があるものの,身柄拘束期間が長期になれば仕事を失う危険があったため,検察官に身柄の早期解放を働きかけ,それと平行して被害者との間で示談を締結したことにより,被疑者は刑事処分を科されることなく早期に釈放されました。

カテゴリー: 活動実績, 活動実績 - 刑事事件 |

常陽リビング4月8日号掲載 弁護士・星野学のくらしの法律『参考人と証人の違い』

Q
最近、国会などで事件の関係者から事情を聞く場合に、「参考人として聞くか、証人として聞くか」が議論されていますが、参考人と証人との違いは何ですか?

A
「参考人」は、ある判断をするときや調査の必要がある場合に意見を聞く相手です。少し前ですが、安全保障関連法案の審議の際に憲法学者が参考人として意見を述べましたね。

また「証人」は、自らの経験から知り得た事実を証明する人です。刑事裁判の証人もそうですが、最近話題の百条委員会や国会で証言する証人は、正当な理由がないのに出頭しない場合や証言を拒否した場合などは処罰されます。

これに対して参考人は呼ばれても出頭する義務がありませんし、嘘をついても偽証罪にはなりません(社会的な非難は受けるかもしれませんが)。

このように、証人の方が「逃げ場」がないので、真実を述べることが期待できるでしょう。もっとも、真実の追究のためには質問者が参考人や証人に馴れ合いではなく的確で鋭い質問をすることが必要だと思います。

お役に立ちましたか?

常陽リビング2017年4月8日号

カテゴリー: 活動実績, 常陽リビング | タグ: , , , |