活動実績 – 刑事事件

* 実績については、ご了解頂いた一部案件のみを抜粋してお載せしています。

相手の方の怪我の程度が重い交通事故で,刑事裁判を回避し罰金処分とすることができました。さらには罰金額も低額にとどめました。

  Aさんは駐車場から道路へ出る際,直進車のバイクと衝突して相手方に骨折等の怪我をさせてしまいました。
  不注意の程度と相手の方の怪我の程度が重く刑事裁判となる可能性が高かったため,Aさんは当事務所に刑事弁護を依頼されました。
 そこで,当職らから被害者の方へ示談の申し入れをするとともにAさんからの謝罪文を送付するなど弁護活動をさせていただいた結果,謝罪金をお支払いすることで被害者の方から「重い処罰を求めない」という内容の上申書をいただいて捜査機関に提出することができました。さらに,刑事裁判となった場合にAさんが受ける不利益等を丁寧に立証した結果,刑事裁判ではなく罰金処分とすることができました。さらに罰金額も低額にとどめることに成功しました。

 

カテゴリー: 活動実績, 活動実績 - 刑事事件 |

酒に酔って知人に傷害を負わせた被疑者を正式裁判ではなく罰金処分にとどめました

酒に酔って知人に傷害を負わせた被疑者の弁護人に選任され弁護活動を行いました。被疑者は歯科医師として病院を経営しており,地元で積極的に公的活動もしており,事件が公になれば患者や知人を信頼を失う危険がありました。しかし,被疑者は弁護士を代理人として不当に高額な示談金を要求してきました。そこで,検察官に対して,被疑者の生活態度に問題がないこと,要求額が不当に高額であること,家族が飲酒を控えさせることを誓約していることなどの事情を訴え,正式裁判を避けて罰金処分にとどめるよう働きかけた結果,罰金処分にとどまりました。

カテゴリー: 活動実績, 活動実績 - 刑事事件 |

住居侵入罪で逮捕された方が当職らの弁護活動で早期に釈放されました

住居侵入罪で逮捕された被疑者の弁護人に選任され弁護活動を行いました。
被疑者は同種の前歴があるものの,身柄拘束期間が長期になれば仕事を失う危険があったため,検察官に身柄の早期解放を働きかけ,それと平行して被害者との間で示談を締結したことにより,被疑者は刑事処分を科されることなく早期に釈放されました。

カテゴリー: 活動実績, 活動実績 - 刑事事件 |

骨折等の重傷を負わせてしまった傷害事件を不起訴処分にしました 

言い争いをきっかけに相手を殴ってしまい,骨折等の重傷を負わせた容疑で逮捕された方のご親族から刑事弁護のご依頼を頂きました。
刑事事件の捜査では,逮捕の後には勾留という長期の身柄拘束がなされることが多く,本件でも勾留請求がなされました。
当職らは速やかに裁判官に対して勾留の必要がないことを示す弁護活動を行い,結果は勾留請求却下となり早期の身柄解放を実現しました。
その後,被害者の方との示談を成立させ,被害届の取下げを得ることで,最終的には不起訴処分となりました。

カテゴリー: 活動実績, 活動実績 - 刑事事件 |

罰金を超える刑罰を受けると職を失う可能性がある依頼人の刑事裁判で,罰金刑の判決にとどめることに成功。依頼者は無事に職場に復帰することができました。

Aさんは飲酒運転で物損事故を起こし,その場を離れてしまいました。Aさんは最終的に現場に戻ったのですが,報告義務違反で起訴されてしまいました。罰金を超える刑罰を受けると職を失う可能性があったAさんは,当事務所に刑事弁護を依頼されました。

そこで,当事務所の弁護士は,すぐに被害者へ謝罪と謝罪金の支払いの申入れをして,被害者から「寛大な処分を求める」という上申書を取り付けました。さらに,Aさんに贖罪寄付をすることを提案したり,Aさんの職場でこれまでの勤務態度を聞き取りしたうえで報告書を作成して検察庁に提出するなど,Aさんに有利な事情を積み重ねた結果,罰金の判決にとどめることができて,Aさんは無事に職場に復帰することができました。

なお,起訴されてしまった案件で罰金刑を獲得することは非常に難しいのが実情です。もしトラブルが発生してしまった際は,少しでも早く弁護士に相談して,起訴自体をしないでもらえるように弁護活動してもらうことをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 活動実績, 活動実績 - 刑事事件 |