活動実績 – 刑事事件

* 実績については、ご了解頂いた一部案件のみを抜粋してお載せしています。

通りすがりの人と口論になり怪我を負わせてしまった方の刑事弁護で微罪処分として検察庁送致無しの結果を出しました

Aさんは出先で通りすがりの人と口論になった際,相手につかみかかってしまい,怪我を負わせてしまいました。被害者が警察に通報したため,Aさんは在宅で取り調べを受けることになり,当事務所に刑事弁護を依頼されました。
Aさんと相手の主張が食い違っていたことから,弁護士がAさんに取り調べの対策(指導)をしっかり行い,事件の状況については書面にまとめて,取り調べの際にAさんに持参してもらうなど,当方の言い分を警察へ伝える働きかけをしました。
その一方で,被害者側とはすみやかに示談交渉を行い,解決金を支払って示談することができたうえ,被害届を取り下げてもらったことで微罪処分(検察庁送致なし)にすることに成功しました。

カテゴリー: 活動実績 - 刑事事件 |

飲酒運転で追突事故を起こした方の刑事弁護で刑事裁判を回避し,罰金処分にすることができました。

 Aさんは 飲酒運転をして,前方に停車していた車に追突してしまいました。
  呼気検査にて検知された数値がとても高かったことなどから,刑事裁判になる可能性が大きいと考え,Aさんは 当事務所に刑事弁護を依頼されました。
 そこで,当事務所の弁護士がすみやかに被害者との示談状況を検察庁に報告し,さらにAさんの 今後の生活態度について家族の監督が得られること,アルコールを断つために専門の病院に通院していること,自家用車を廃車手続きして今後運転を控える考えであること等を書面化して検察庁に提出するなどの弁護活動をした結果,刑事裁判を回避して罰金処分にすることができました。

 

カテゴリー: 活動実績, 活動実績 - 刑事事件 |

無免許・飲酒運転(酒気帯び)で人身事故を起こしてしまった方(飲酒運転等,交通前科あり)の刑事弁護を担当させて頂き,執行猶予付きの判決を得ることができました

Aさんは無免許で飲酒運転(酒気帯び)をして自転車に乗った人相手に人身事故を起こしてしまいました。裁判所から正式裁判の通知が届いた段階で当事務所に刑事弁護を依頼されました。
Aさんには飲酒運転等の交通前科もあったうえ,被害者の方の被害感情が強く刑事的示談の意向はありませんでした。
当職らは民事事件の示談ができていることや,家族・職場の関係者からの上申書,車の処分等をしたこと,家族の監督体制も整っていることなどAさんに有利な証拠を集め,尋問にも備えた結果,執行猶予付きの判決を得ることができました。

 

 

カテゴリー: 活動実績, 活動実績 - 刑事事件 |

窃盗の共犯,および知人が持っていた覚せい剤について譲渡罪として逮捕された方を不起訴処分として釈放することができました。

Aさんは知人の逮捕時に一緒にいたために,逮捕されました。
知人がAさんに罪をなすりつける証言をしたため,知人が持っていた盗品について,窃盗の共犯,および知人が持っていた覚せい剤について,譲渡罪として捜査が行われました。
 本人は一貫して容疑を否認していたため,家族が相談に来所した当日より釈放まで多数の面会(休日も含め,ほぼ1日おきの接見)を重ね,取り調べへの対応を協議しました。
また,勾留に対する意見書の提出,勾留理由開示等を行い,勾留に対して抗議する一方,接見を禁じられた本人が精神的に辛い状況にあることから,接見禁止の解除の申立て等を行いました。家族や知人の励ましを受けることができる状況を確保することができたことで本人は無実を訴え続けることができました。捜査機関が決定的な証拠もなく逮捕していたことに抗議するなどの弁護活動の結果,無事不起訴処分として釈放することに成功しました。

カテゴリー: 活動実績, 活動実績 - 刑事事件 |

保険金詐欺を働いてしまった方の刑事裁判で執行猶予付きの判決を獲得しました

知人の誘いに乗り,交通事故を装う保険金詐欺を働いてしまった被疑者の弁護人として弁護活動を行いました。保険会社への被害弁償,犯行への関与の程度が小さいことの説明などの弁護活動を行い,執行猶予付きの判決を獲得しました。

カテゴリー: 活動実績, 活動実績 - 刑事事件 |