最新情報

飲酒運転で追突事故を起こした方の刑事弁護で刑事裁判を回避し,罰金処分にすることができました。

 Aさんは 飲酒運転をして,前方に停車していた車に追突してしまいました。
  呼気検査にて検知された数値がとても高かったことなどから,刑事裁判になる可能性が大きいと考え,Aさんは 当事務所に刑事弁護を依頼されました。
 そこで,当事務所の弁護士がすみやかに被害者との示談状況を検察庁に報告し,さらにAさんの 今後の生活態度について家族の監督が得られること,アルコールを断つために専門の病院に通院していること,自家用車を廃車手続きして今後運転を控える考えであること等を書面化して検察庁に提出するなどの弁護活動をした結果,刑事裁判を回避して罰金処分にすることができました。

 

カテゴリー: 活動実績, 活動実績 - 刑事事件   

コメントは受け付けていません。