最新情報

被疑者段階で処分保留で釈放

代表弁護士 星野学が国選弁護人として知人とともに窃盗をしたとして逮捕された被疑者の弁護を担当しました。知人は被疑者も盗みをすることを知っていたと供述していましたが,被疑者は自分は潔白であると主張しました。そこで,自白の強要など不当な取り調べを防止するため捜査機関に取り調べを録音するように申し入れるなどの対応を取り,無事,被疑者は釈放されました。なお,知人の方は別の弁護士が国選弁護人に選任されましたが,裁判手続となったそうです。

カテゴリー: 活動実績, 活動実績 - 刑事事件   

コメントは受け付けていません。